経営理念

弓海企業PTCXPUMPシリーズシールレス耐酸性・耐アルカリ性ポンプは主に酸性及びアルカリ性の化学液体を輸送するように設計されます。耐食性の目的を達成するためにGFR-PPとCFR-ETFE材質を供給し、シールレス構造の設計により、漏れゼロを実現し、危険な液体の漏れによる作業者の危険を回避でき、それに環境を保護する責任も果たすことができます。

詳細はこちら

PTCXPUMPについて

環境保護と作業者の安全は、長年に弓海企業マグネットシールレスポンプ製品の開発の最も重要なポイントであり、ポンプの構造は主に発揮性有機化合物漏れの問題を解決するために、従来のメカニカルシャフトシールからシャフトシールレスマグネット駆動で設計されています。

弓海企業は台湾の専門的なシールレスマグネット駆動ポンプのメーカーであり、化学流体輸送ソリューションでの40年以上の経験を持ち、2014 年に研究開発を成功し、大量生産が始まりました。製品材質はエンジニアリングプラスチックGFR-PPとCFR-ETFEと金属材質SUS316Lを採用し、塩酸、硫酸、フッ酸、酢酸などの化学流体及びその他の非常に危険で腐食性の高い流体の輸送に適用できます。

PTCXPUMPはシャフトシールがなくて、漏れの恐れがないことを強調しています。製品は高水準の製造プロセスと素材で製造されており、製品が工場から出荷する前に一連の検査が施行され、製品の品質を確保し、客様の信頼を高めます。石油化学、化学、エネルギー、半導体、ディスプレイ、環境保護などの産業で広く使用されています。

我々の使命:シャフトシールのない、漏れゼロ、安全で汚染のない作業環境を提供します。

詳細はこちら

FAQ

温度がポンプのサイズに与える影響

温度がポンプのサイズに与える影響
温度がポンプ選択の重要な要因になることをご存知ですか? プロセス媒体の温度と設置環境の場所が含まれます. これらを知ることで、適切な構造と材料を選択することができます. 最も重要なことは、適切なポンプを選択してください。



温度
温度とは、気体、液体、固体に存在する熱のことで、ポンプの選定にあたっては、大気温度とポンプ吐出媒体の温度を同時に考慮する必要があります。



温度と圧力
温度は動作の安定性と効率に影響を与えるだけでなく、ポンプ供給システムの圧力にも影響を与えます。気体の温度がゼロに近づくと液体になり、温度が上昇し続けると気体の圧力も増加します。媒体が異なれば圧力の発生方法も異なるため、媒体を圧送・搬送するシステムを設計する際には、温度変化と圧力の関係を考慮する必要があります.温度と圧力の変化要因を考慮しないと、システムが故障し、時間に影響を与える可能性があります. 、コストがかかり、生産スケジュールが遅れます。



氷点下の環境
ポンプを屋外に設置または移動し、夜間に温度が下がると、ポンプ内の流体が凍結または凝固する場合があります。ポンプを再起動すると、部品が損傷する可能性があります. したがって、同様の環境での操作システムは、屋外環境の温度変化を考慮する必要があります. ポンプシステムには、加熱ジャケットまたは断熱層を装備して、ポンプを維持することができます.内部媒体温度 流体媒体の凍結または固化を避けるために一貫しています。



温度がポンプに与える影響
液体と接触するポンプ本体の材料が選択されています. 化学流体は、温度の変化に応じてさまざまな程度の腐食を引き起こす可能性があります. 温度の低い流体と比較して、高温の液体はより大きな腐食効果を持ちます.ポンプを選択する際に考慮すべき重要な要素の 1 つは、性能です。



ポンプ部品の選択
流体の温度が上昇すると、内部シャフト、ベアリング、またはモーターのベアリングを含むポンプシステム全体に熱が伝達され、長期間の使用は寿命の短縮につながる可能性があるため、部品の選択も必要です。耐熱レベルを考慮してください。



流体粘度の変化
温度は圧送時の液体の粘度変化に影響を与えます.例えば蜂蜜は加熱すると薄くなり流れやすくなります.そのため,タイプの選択には温度による液体粘度の変化を理解する必要があります.正しい選択を保証するために. ポンプ.



部分の伸縮
高温時と低温時では、部品の伸縮速度が異なりますので、ポンプの選定にあたっては、運転中のポンプの安定性を確保するために、耐熱部品や耐低温部品の使用も考慮する必要があります。



中定温または冷蔵
特定の動作およびアプリケーション条件下では、媒体の流れを維持するために媒体は一定の温度を維持する必要があります. システムを設計する際には、それを達成するためにジャケットポンプを使用するか、断熱層を使用して低温を維持することが考えられます.



NPSH ネットポジティブサクションヘッド (NPSH)
ポンプシステムを設計するときは、ポンプが正しい NPHa を持つように、液体の温度と蒸気圧を考慮する必要があります。

詳細はこちら

産業分野

顧客

Top