経営理念

弓海企業PTCXPUMPシリーズシールレス耐酸性・耐アルカリ性ポンプは主に酸性及びアルカリ性の化学液体を輸送するように設計されます。耐食性の目的を達成するためにGFR-PPとCFR-ETFE材質を供給し、シールレス構造の設計により、漏れゼロを実現し、危険な液体の漏れによる作業者の危険を回避でき、それに環境を保護する責任も果たすことができます。

詳細はこちら

PTCXPUMPについて

環境保護と作業者の安全は、長年に弓海企業マグネットシールレスポンプ製品の開発の最も重要なポイントであり、ポンプの構造は主に発揮性有機化合物漏れの問題を解決するために、従来のメカニカルシャフトシールからシャフトシールレスマグネット駆動で設計されています。

弓海企業は台湾の専門的なシールレスマグネット駆動ポンプのメーカーであり、化学流体輸送ソリューションでの40年以上の経験を持ち、2014 年に研究開発を成功し、大量生産が始まりました。製品材質はエンジニアリングプラスチックGFR-PPとCFR-ETFEと金属材質SUS316Lを採用し、塩酸、硫酸、フッ酸、酢酸などの化学流体及びその他の非常に危険で腐食性の高い流体の輸送に適用できます。

PTCXPUMPはシャフトシールがなくて、漏れの恐れがないことを強調しています。製品は高水準の製造プロセスと素材で製造されており、製品が工場から出荷する前に一連の検査が施行され、製品の品質を確保し、客様の信頼を高めます。石油化学、化学、エネルギー、半導体、ディスプレイ、環境保護などの産業で広く使用されています。

我々の使命:シャフトシールのない、漏れゼロ、安全で汚染のない作業環境を提供します。

詳細はこちら

FAQ

ポンプを選ぶ際のポイントは?

ポンプの選択プロセスでは、次の要素を使用して適切なポンプを選択する必要があります。

 

1. まず、流体の供給源(地下タンクか地上タンクか)、タンクの距離、配管構成などの条件を確認する必要があります。ポンプはできるだけ流体源の近くに設置することをお勧めします。吸引パイプはできるだけ短くし、曲がりやその他の付属品を減らして配管の摩擦損失を減らします。(パイプロスと略されます—流体がパイプラインを通過するときの抵抗)

 

2. ポンプ容量とも呼ばれる流量(質問):単位時間あたりにポンプを通過する液体の量を表す重要な指標で、単位はm³/hL/分L/秒.流量はポンプの大きさや配管の太さに影響します。パイプ径が小さすぎると不要な摩擦損失が発生し、騒音の問題も発生します。

 

3.総リフト(チ): ポンプが液体を持ち上げることができる高さ、つまり流体源の表面から最終的な出口までの垂直高さを指します。総リフト=サクションヘッド+加圧水頭、単位はメートル.ヘッドの高さは、搬送液の密度、羽根車の直径、羽根車の段数などにより異なります。

 

4. 流体特性: 流体の腐食性、流体温度、粘度、濃度、比重、および不純物もポンプの選択の鍵となります。

 

◆ 腐食性 - によるとpH価値の違いや腐食性の違いから、適用できるポンプの材質も異なります。

 

◆温度・・・水を扱う場合、温度は吸引能力に大きく影響します.他の液体はある温度に達すると気化します.油脂は温度によって粘度が大きく変化します.熱媒体などで吸収する必要があります.高温条件下での材料の特性を考慮する. 膨張; 化学流体はまた、温度の違いで腐食の強さを変化させます.

 

◆粘度、濃度、比重—液体の粘度と濃度が変化すると、金属やその他の材料に対する耐食性に影響を与え、それに応じて比重が変化し、それに応じてポンプの性能も変化します。

 

◆ 不純物・・・泥水に含まれる砂粒、薬液中の結晶など、その硬度と含有量に応じてポンプの構造を選択し、耐摩耗性材料を同時に使用する必要があります。



薬液搬送のベストソリューション》PTCXPUMPシャフトレスマグネットポンプ

詳細はこちら

産業分野

顧客

Top